エアコンの節電対策

今年は、日本中が節電ムード一色に染まっています。
各家庭や、各オフィスなどで、様々な節電のための対策や工夫がなされていることと思います。
節電の対策の代表格として、テレビなどでも取り上げられていたのが、エアコンです。
夏場においては設定温度をちょっと上げたり、こまめに電源をオフしたり、使っていないときは待機電力を抑えるためにコンセントから抜いたり、など様々な手法がテレビなどで紹介されていました。
我が家でやったエアコン関連の節電対策というと、まずは定番の設定温度を上げるということでした。
扇風機をうまく組み合わせることで、設定温度を変えてもそんなに苦にはなりませんでした。
またエアコンの動作時の負荷を抑えるために、フィルタの掃除は一生懸命行いました。
夏場はひとまず節電で乗り切ることができましたが、これからの冬場についてはよりいっそう節電の意識を持つ必要があります。
冬場はちょっと厚着をしたりして、エアコンの設定温度を下げたり、エアコンをつけている時間を短くしたりすることで、よりいっそうの節電を心がけていこうと思っています。